スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

里帰り・・そして・・

こんにちは

週末にかけて、1泊2日で実家に里帰りしてきました。
仕事の都合で2年も・・主人は実家に一緒に行けなかったので、父のお墓参りが主な目的。
子どもたちは学校があるので留守番を頼んで、主人との二人旅です。

私の実家は温泉がある町なので、着いた日は温泉に行って
母の心づくしの美味しいもの
飛騨牛をじゅーっと焼いたのや、わらびの煮物など・・のご馳走を頂き
私にとっては、何よりの贅沢をしてきました。

母の元気な顔を見ることができて、ほっとし・・
父に皆を見守って下さい・・とお参りし・・
目的を果たすことができました。

この季節に故郷を訪れるのは、久しぶりのこと・・
新緑の美しいこの季節
せっかくなら、少し足を伸ばしましょう・・ということになり

一日目は白川郷→飛騨高山→下呂
二日目は下呂→可児の花フェスタ記念公園

408㎞故郷の旅をして来ましたので、少しずつ、ご紹介していきたいと思います。

その前に、今日は母が帰りに持たせてくれた物をご紹介しますね。
この季節、私の故郷では朴葉寿司というものを作ります。
以前は、母が作って送ってくれていたのだけど、数年前から材料を送ってもらい、母に教えてもらったように家で作っています。(今年は材料を持たせてもらいました)

実家の庭にある朴の木の大きな葉っぱを使います。
朴の葉っぱと茗荷 飯台 朴葉で寿司を包む
材料の朴葉は洗って、茗荷は小口に刻んでおく。
前日から酢で締めておいた鱒と茗荷をアツアツの寿司飯に混ぜ込む。
熱いうちに朴葉で寿司飯を半分に折るように包む。

重石をする できあがり らっきょう
ボウルなどに包んだ朴葉寿司を重ねて入れ、重石をする。
半日くらいでできあがり♪
おまけに、らっきょうも漬けました。

私の実家ではシンプルに紅しょうがをトッピングしますが、地方や家庭によっては、もっと彩りよく具を載せる所もあるようです。
寿司飯が熱い内に朴葉で包むことで、寿司飯に香りが移って、とても美味しいのです。
今晩は、この懐かしい故郷の味を頂きたいと思います。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

山笑う

今晩は~♪
この季節の山は木々の新芽の色が本当に美しいですよね。

先だって名神の関が原近くを通った時に、朴の木に花が咲いているのを見かけました。
とっても良い香りがしそうな気がしますが、どうなのでしょうか。高木だし、天辺に咲いているし・・・
桐の花も咲いて、良い季節ですよね。

こんばんは。
ご主人と里帰り旅行ができて良かったですね。
飛騨高山や下呂温泉は、もう25年以上前に
旅行で行ったきりです。
朴葉味噌は聞いたことがありますが
朴葉寿司、美味しそうですね。
自分で作る所が、さすがです。
私も、実家の母が元気なうちに、色々習っておきたいと思いつつ
ついつい伸ばし伸ばしになっています。
昔からの料理は、大事にしたいですね。 ^^

moonstoneさん~*

こんばんは ^^
高速から見えた新緑・・
若草色というのかな?
淡いグリーンが清々しくて、気持ちがいいですね。

朴の木は高木なので、母はどうやって葉っぱを採るのかな??と見ていたら、”高枝ばさみ”が登場!
花は私も嗅いだことがないのですが、甘い香りがするそうです。

この季節、どこへ行っても花がいっぱいできれいでした。
また、良かったら遊びにいらして下さいね。

tea☆time さん~*

こんばんは ^^
母にふたりで来るなんて、20何年ぶり??なんて言われて・・本当にそうだわ・・ と気が付きました。

岐阜にいらしたことがあるのですね♪
私の撮ってきた写真の中に、懐かしい場所があるかもしれませんね ^^

朴葉みそはとても有名ですが、地元にいた頃、家ではそんなに食べなかったような・・??
朴葉寿司は大抵の家庭で作っていたように思います。
昔からの料理は、絶やさないように、大切にしたいですね。
私は地元から離れているので、余計に故郷や母を思ってしまうようです・・^^;
プロフィール

ふーた♪

Author:ふーた♪
ようこそ いらっしゃいませ
暮らしの中で、好きなことや嬉しいことを♪♪
仕事の合間に、趣味で手作りを少し・・。
料理やお菓子作りも好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。